君は吉良吉影流快眠法を知っているか?

ライフスタイル

吉良吉影流快眠法とは

吉良吉影とは、週刊少年ジャンプで連載されていてコアな人気を誇った漫画、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部『ダイヤモンドは砕けない』のラスボスです。

あえて爪を隠して、決して無能ではないが有能というほどでもないという、これといって特徴のない男を演じることで、社会生活に溶け込んでいたシリアルキラーです。

その吉良吉影ですが、常に心の平穏を願って生きている人間であるということを主人公の仲間にとうとうと語って凄んでいるシーンがあるのですが、そこで彼のこだわりの生活習慣が披露されています。

そのひとつが、睡眠に関する習慣であった、というわけです。

「夜11時には床につき必ず8時間は睡眠をとるようにしている…寝る前にあたたかいミルクを飲み20分ほどのストレッチで体をほぐしてから床につくとほとんど朝まで熟睡さ…」

『ジョジョの奇妙な冒険』37巻より

これをジャンプ連載当時に読んだときは高校生だったので、吉良吉影の言っている意味がまったくわかりませんでした。いやいや、わざわざそんなことしなくても、布団に入れば下手すりゃ昼までぐっすりでしょう、と。

40を過ぎて、ようやくわかりました。熟睡することの難しさが。

入浴中と充電中以外は、XiaomiのスマートウォッチMi Smart Band4を着けて、歩数や睡眠時間の記録をとっているのですが、睡眠の質が悪すぎる結果、トラッキングアプリから寝る前には一杯の牛乳を飲みましょう、という助言を頂いてしまいました。

この助言を読んだときに思い出したのが、先の吉良吉影流快眠法であった、というわけです。

最初は(静かに暮らしたい吉良吉影かよ)と鼻で笑っていたんですけど、睡眠時間の記録をとる前から漠然と(最近あまり良く眠れていないよなぁ)と思っていたのが、正確性はさておき具体的な数字で睡眠の質の悪さが立証されてしまったので、笑ってばかりもいられなくなってしまいました。

そこで、藁にもすがる気持ちで、入眠前に一杯の牛乳を飲んでみることにしました。前々から、タバコは吸わない、酒はたしなむ程度、入浴後に柔軟ストレッチで体をほぐす、といったことは実践していたので、そこに牛乳を飲むことを追加したのです。

そしたら、これが思った以上に効果があったんですよね。

12月9日は覚醒時間がありますが、これはソファで寝落ちしちゃって布団に移動し直したからです。牛乳を飲むようになる前と比べて、睡眠の質に向上が見られました。

一応、寝る前に牛乳を飲むことがいいとされる根拠としては、牛乳に含まれるアミノ酸の一種トリプトファンがセロトニンを作ることができ、セロトニンが体内でメラトニンに変化することで、安眠を促す効果が期待できる、ということのようです。

さすがに、夜11時には床につき最低でも8時間は眠る、というのは難しいですが。実践したら速攻で目に見える数字に効果が現れたので、入眠前に一杯の牛乳を飲むことを習慣として、今後も続けていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました