ギャンブルに向かない男の賭けごと

ギャンブルに向かない男の賭けごと

私はギャンブルに向いていません。

全くやらないわけではないです。宝くじを買ったこともありますし、サッカーくじを買ったこともありますし、パチスロや競馬をやってみたこともあります。

しかし、くじはいつの間にか買わなくなってしまいましたし、パチスロは5千円があっという間に台に吸い込まれて消えてこんな遊び無理無理となった一回きり、競馬は馬の名前に惹かれて単勝一点買いしてみたら60倍当たったものの100円しか賭けてなかったのでその日の収支とんとんで終了の一回だけ。

まあ、競馬は下手に1万円とか突っ込んで60万円を手にしてたらギャンブル狂いの依存症になっちゃってたかもしれないので、結果オーライだったとも思っていますが。

大勝負に出れないんですよね。ここぞってところに大枚を突っ込んでの大勝負に。

肉を切らせて骨を断つに出れないというか。慎重というか臆病というか。

ローリスクローリターンを選びがちで、ハイリスクハイリターンに出られないんですよねぇ。

こんな自分にも、これもある意味ギャンブルのようなものなのかもしれないな、と思っている趣味があります。

音楽CDアルバムを買って聴いてみたり、新作映画を映画館で観てみたり、気になった小説を読んでみたり、といったことなどです。

ただ娯楽を楽しんでるだけじゃん。それのどこがギャンブルに似てるの?と疑問を抱く人もいるかもしれませんが、音楽CDアルバムだったら一枚3000円、新作映画だったら一本1900円、小説だったら文庫新刊800円とかするわけじゃないですか。

これって要するに、そういったお金を払って来て欲しいと願っている投票券を買うのと似たようなものですよね。ひと口3000円、1900円、800円で。

果たしてこの作品は自分にとって当たりかハズレか。

自分の直感を頼りにお金と時間を使って、自分の目と耳を使って実際に聴いたり読んだり観たりして確かめて。

結果、その作品に対する好きの度合いが、払戻金であり配当となります。

この面白いところが、初めて聴いたり観たり読んだりした時にはイマイチでハズレだったと思った作品も、何年か経つと好みが変わったのか感じ方が変わったのか知らず知らず立場が変わったからなのか、評価がひっくり返ることがあるんですよね。

敗者復活のチャンスがあるんですよ。

その逆に、稀に思い出補正が暴かれてしまう時もあるのが悲しくもありますが。

競馬では、騎手や競走馬の血統や脚質やレースの距離や足場との相性や当日の調子や過去のレースの戦績や完全なヤマ勘などから、どの馬が来るか予想して投票券を買います。

それはどの映画や音楽や小説を選び手に取るかの判断材料にも通じるところがあって、監督やプロデューサーや作曲家や編曲家は誰なのか、出身地や過去作の傾向から自分の好みに近いか予想したり、試聴サンプルや予告編を参考にすることもあれば、時には事前情報ゼロでもポスターやジャケットアートなどを見た直感に従ってみることもあります。

ちょっとギャンブルに似てるでしょう?

当たると気持ちいいんだな、これが。

のるかそるか

関連記事

気がついたらそこら中にフィットネスジムができている謎の解明を試みる

気がついたらそこら中にフィットネスジムができている謎の解明を試みる

ある日ふと気がついたんですけど、そこら中にフィットネスジムができてません?

いつの間にか。

静岡の端の片田舎でも、歩けば当たるくらいの勢いで何軒もあって(マシンで高負荷筋力トレーニングしてる人ってそんなにたくさんいるのか?)と疑問に感じると同時に驚きました。

というのも、自分は自宅で週に一〜二回、腹筋ローラーか自重トレを限界までワンセットする程度なので、ジムに筋トレしに通うという発想をもったこと自体なかったんですよね。

昔、友人が通っていたジムのお試し体験についていったことがあったんですけど、トレーニングの前に体組成計に乗ったらスタッフさんも「本当に自宅での自重トレのみなら、弘志さんはウチに通う必要はまったくありません」と驚愕した数値を叩き出したボディの持ち主なので、それを間に受けてあぐらをかいていたというところもあります。

昔は今みたいに週に一〜二回ではなくて、毎日とか週五とか限界まで三セット筋トレしてたんですけど、まだタイトフィットやスリムフィットの格好が幅を利かせていた頃に知人と待ち合わせたら「やたらムキムキの人がこっち見ながら近づいてきたと思ったら弘志さんでしたか」と言われたのが地味にショックで、負荷を落としました。

どうやらこの身体には、あまり負荷をかけずにほどほどがいいらしい、と。

筋トレの負荷を落としたとほぼ時を同じくして、ビールが飲めるようになりたまに晩酌もするようにもなった結果、今ではかつてほどの数値は出ませんが、逆に体脂肪が少なすぎず筋肉も多すぎないバランスの取れた体型になっています。

それにしても、いくらなんでもジムが多すぎる。

ひとりで考え込んでいても首を捻るばかりでラチがあかないので、先のジム通いしている友人に昨今のフィットネスジム乱立の謎について聞いてみたところ、以下のような答えが返ってきました。

「最近はフィットネスジムも多様化してて、筋トレするだけじゃないのよ。関連会社のサービスが無料で付いてきたり、お風呂やサウナなどの施設の設備を利用したいがために契約したり。実はおれも付随サービスが目的で、ジムには通わずに契約だけしている所もいくつかあるよ。筋トレだけが目的の人は必要最低限のマシンが置いてある安いところに行ったりしてるんじゃないかな」

な、なるほど…。まだ理解が追いつかないが、理屈はわかりました。そういうことでしたか。

近場に乱立しているジムには、友人が住んでいる街ほどの豊富で多岐に渡ったバリエーションはなさそうなので、まだ疑問がわだかまっていますが。

これ以上ひとりで考えても自分にはわかりそうもないので、この件についてはとりあえずこれにて一件落着としておきます。

コーヒー好きが旅先で直面しがちな、自分のタイミングで自分が好きなコーヒーが飲めるとは限らない問題の解決方法

コーヒー好きが旅先で直面しがちな、自分のタイミングで自分が好きなコーヒーが飲めるとは限らない問題の解決方法

私の自宅でのコーヒーの楽しみ方ですが、秋〜冬〜春は近くの食品スーパーの店内に出店しているコーヒーショップでキリマンジャロやグアテマラの焙煎済みの豆を購入して手挽きミルでドリップコーヒー、夏はAGFの粉になっているレギュラーコーヒーを水出しボトルでアイスコーヒーにしています。急冷式アイスコーヒーもいいのですが、一杯一杯の手間を考えて夏場は水出しにしています。

ブラジルやコロンビアなどの定番から産地農園にまでこだわったスペシャルティまで、この世には数限りない種類のコーヒー豆がありますが、その中でも特にこれが好きと自分の好みが定まっていたり、自宅でのハンドドリップに凝ってコーヒータイムを楽しんでいたりすると、旅に出るとあるひとつの問題に直面しがちになります。

それすなわち、自分のタイミングで自分が好きなコーヒーが飲めるとは限らない問題に。

コロナ禍で増えたと思われる自宅コーヒー党がコロナ禍から解放されて旅に出るようになったら、みんな同じような問題に悩まされているのではないかと思うのですが、みんなどのように解決しているのでしょう?

私が思いつく解決方法は以下の六つ。

  • 旅行先にキャンプ用に揃えたアウトドアドリップコーヒーセットと自分のお気に入りの豆を持っていく
  • 荷物はあまり増やしたくないのでもっと手軽にドリップパックを持っていく
  • 荷物は必要最低限にしたいのでどこでも買えてるコンビニコーヒーかマックカフェで妥協する
  • お気に入りの喫茶チェーン店を見かけたら駆け込む
  • 一か八か、通りかかった初見のその地の喫茶店に立ち寄ってみる
  • 旅先ではコーヒーを飲むのを我慢する

まあ、どれも一長一短ありますよね。

いつもの自分の味に近いけど荷物が多くなるとか、荷物が少なくなるぶん妥協を迫られるとか、味を度外視して身軽さを選ぶとか、味わい慣れた安パイに逃げ込むとか、ギャンブル要素が強いが旅先での一期一会に賭けるとか、旅に出たら日常性を求めるのは放棄するとか。

どれが良いとか悪いとかではなくて、自分ならどう考えるか。何を取って何を捨てるのか。

自分はどうしているかと言いますと、その時々によって異なります。

先日常滑市にライブを観に行った時は移動中に妹に教えてもらった絶景カフェに立ち寄ってモーニングサービス付きコーヒーをいただきましたし、GWに母と八ヶ岳高原に出かけた時は宿の朝食に提供されたコーヒーをいただいただけでした。

沼津市を車で移動中に見かけた喫茶店にふらっと立ち寄ったら、ネルドリップでむちゃくちゃ美味しいコーヒーを淹れてくれるお店で、想像を超える味に驚いたこともあります。

普段からよくコンビニコーヒーやマックカフェを利用していたら、コンビニに入るたびにコンビニコーヒーを飲んだり、マックを見かけては入店してコーヒーを頼んでいたかもしれませんが、たまにしか利用しないのでファーストチョイスとして頭に浮かんでこないんですよね。

お店の前を通りかかった時はコーヒーを飲みたくなっているタイミングではなかったりとか。

それで、まあいいか、となることが多いです。基本的には我慢しているというか、気がついたらコーヒーを飲みたい気分が自然と霧散しているといいますか。

決してこれで良しと思っているわけではないのですが、かといってこれだという解決法も見つからず、その時々の流れに身を任せているという現状です。

今後さらにコーヒーが生活に欠かせない飲み物になってゆくか、この現状を打破しようと決心するきっかけでも生じない限り、このままでしょうね。

君は吉良吉影流快眠法を知っているか?

吉良吉影流快眠法とは

吉良吉影とは、週刊少年ジャンプで連載されていてコアな人気を誇った漫画、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部『ダイヤモンドは砕けない』のラスボスです。

あえて爪を隠して、決して無能ではないが有能というほどでもないという、これといって特徴のない男を演じることで、社会生活に溶け込んでいたシリアルキラーです。

その吉良吉影ですが、常に心の平穏を願って生きている人間であるということを主人公の仲間にとうとうと語って凄んでいるシーンがあるのですが、そこで彼のこだわりの生活習慣が披露されています。

そのひとつが、睡眠に関する習慣であったのです。

「夜11時には床につき必ず8時間は睡眠をとるようにしている…寝る前にあたたかいミルクを飲み20分ほどのストレッチで体をほぐしてから床につくとほとんど朝まで熟睡さ…」

『ジョジョの奇妙な冒険』37巻より

これをジャンプ連載当時に読んだときは高校生だったので、吉良吉影の言っている意味がまったくわかりませんでした。いやいや、わざわざそんなことしなくても、布団に入れば下手すりゃ昼までぐっすりでしょう、と。

40を過ぎて、ようやくわかりました。熟睡することの難しさが。

入浴中と充電中以外は、XiaomiのスマートウォッチMi Smart Band4を着けて、歩数や睡眠時間の記録をとっているのですが、睡眠の質が悪すぎる結果、トラッキングアプリから寝る前には一杯の牛乳を飲みましょう、という助言を頂いてしまいました。

この助言を読んだときに思い出したのが、先の吉良吉影流快眠法だったのです。

最初は(静かに暮らしたい吉良吉影かよ)と鼻で笑っていたんですけど、睡眠時間の記録をとる前から漠然と(最近あまり良く眠れていないよなぁ)と思っていたのが、正確性はさておき具体的な数字で睡眠の質の悪さが立証されてしまったので、笑ってばかりもいられなくなってしまいました。

そこで、藁にもすがる気持ちで、入眠前に一杯の牛乳を飲んでみることにしました。前々から、タバコは吸わない、酒はたしなむ程度、入浴後に柔軟ストレッチで体をほぐす、といったことは実践していたので、そこに牛乳を飲むことを追加したのです。

そしたら、これが思った以上に効果があったんですよね。

12月9日は覚醒時間がありますが、これはソファで寝落ちしちゃって布団に移動し直したからです。牛乳を飲むようになる前と比べて、睡眠の質に向上が見られました。

一応、寝る前に牛乳を飲むことがいいとされる根拠としては、牛乳に含まれるアミノ酸の一種トリプトファンがセロトニンを作ることができ、セロトニンが体内でメラトニンに変化することで、安眠を促す効果が期待できる、ということのようです。

さすがに、夜11時には床につき最低でも8時間は眠る、というのは難しいですが。実践したら速攻で目に見える数字に効果が現れたので、入眠前に一杯の牛乳を飲むことを習慣として、今後も続けていきたいと思います。

関連記事