公開を待ちに待っていた『トップガン マーヴェリック』を観に行ったら、オープニングの最初の一音を耳にしただけで感動した

映画
SONY DSC

公開を待ちに待っていた『トップガン マーヴェリック』を観に行ったら、オープニングの最初の一音を耳にしただけで感動した

1986年に公開されて大ヒットした映画『トップガン』が好きすぎるあまり、30年以上経って今更続編やらなくても…と過去の思い出を壊されたくないあまり消極的な気持ちもありましたが、そんなネガティブな感情は予告で前作から遥かにスケールアップした戦闘機の飛行映像を見て一瞬で消し飛びました。

『トップガン マーヴェリック』が公開されたら絶対に映画館で観る!

最初にアナウンスされた公開日は2020年7月10日だったのですが、コロナ禍の影響で延期に次ぐ延期、果たして本当に公開されるのかと心配になるほど焦らしに焦らされ、ついに公開されました。2022年5月27日に。

その公開初日にお隣の市のIMAXスクリーン施設がある映画館に愛車を走らせ、いつもと違う時間帯に走ったので想定よりも混んでいて時間がかかり、間に合うかどうか焦りましたが滑り込みセーフ。

興味のかけらも持てない地元企業の広告を無の心でやり過ごし、スクリーン内が暗転して上映が始まった瞬間でした。

オープニングの最初の一音。パラマウントスターが整列しながらかっ飛んでくるオープニングエフェクトに載せた”Top Gun Anthem”の最初の一音。何気なく放たれたジャブのような低音のパンチが耳朶を打った瞬間、私は感動して早くも目が潤んでいました。

何だこれ、音がすごすぎる…。酩酊感すら覚えるほど立体感と重量感を伴った心地よいサウンドに酔いしれる…。

IMAXで観て正解でした。ガラガラのイオンシネマで観るか多少混んでようがIMAXで観るかで悩んでいたんですけど、IMAXにしておいて正解でした。映像と音響の迫力がダンチ。いや、通常版はまだ観ていないので想像ですけども。

さすがにオープニングの音だけで感動した映画は初めてでした。おそらくこれが最初で最後でしょう。

惜しかったとしたら映画『ボヘミアン・ラプソディ』で、観る前の車中で先にサントラを聴いてしまうという失策さえなかったら、オープニングの20世紀FOXのファンファーレで感動していたかもしれません。

しかしこの映画のサウンドプロダクションはとんでもないですね。轟音と騒音の紙一重ギリギリを攻めています。

収録楽曲の充実ぶりでは前作『トップガン』の圧勝ですが、大迫力の音質では『トップガン マーヴェリック』の圧勝です。

これと同等のミックスで前作のサントラをリマスター再発してほしいくらい、とてつもない音質です。こだわり抜いた末に探り当てたベストなのでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました