スウェーデンのメロディアス・ハード・ロック・バンド、H.e.a.tの『H.e.a.t Ⅱ』を聴いた感想

音楽

H.e.a.tの最新作『H.e.a.t Ⅱ』(2020)を聴いた感想

スウェーデンのメロディアス・ハードロック・バンド、H.e.a.tの六作目、『H.e.a.t Ⅱ』。

発売前から、このアルバムにはめちゃくちゃ期待していました。

というのも、YouTubeのレーベル公式チャンネル上で、四曲ほどアルバム発売に先駆けて公開されていたんですけど、四曲ともめちゃくちゃ良かったんですよ。

これは凄まじくいいアルバムに仕上がってるに違いない。

期待値うなぎ上りですよ。

事前情報としては、今バンドがデビューしたとしたら、というのが制作コンセプトで、原点回帰の意欲作という触れ込みだったんですけど、自分はヴォーカルがErikに変わってからのファンだったので、原点回帰といって初期のような作風になってしまったらちょっと嫌だな、と心配していました。

それが、順次YouTubeで発表される公式MVを見ていると、「あれ、どうも様子が違うぞ」となりました。原点回帰の要素を感じなかったからです。

原点というより、これはむしろ新機軸、もしくは新境地、あるいは新次元でしょう。バンドとしてのさらなる高みへの到達、覚醒ですよ。

これは結果でしょうね。再デビューのつもりで、初心を取り戻そうとしていたのか、がむしゃらに創作に打ち込んだ結果。

溢れんばかりの情熱と疾走感が、勇壮でカッコいい上に恐ろしく耳に馴染む北欧ハードロック・サウンドに彩られています。このアルバムを聴きながら夜の高速道路をドライブしたら、アクセル踏み込みすぎて危険でしょうね。

全曲素晴らしい。傑作です。ライブで聴きたかったですね、ライブで映えそうな楽曲ばっかりなので。

H.E.A.T "H.E.A.T II" – Official Pre-Listening
タイトルとURLをコピーしました