東京にH.E.R.O.のライブを観に行ったついでに、ハードロックカフェでランチしてきた

音楽

ライブ観覧のための上京ついでに、ハードロックカフェでランチ

約二年前、Eclipseのライブを観るために上京したときと同じように、今回も六本木のハードロックカフェでランチしてきました。

東京へは、四代目の愛車で向かいました。

母は妹と鎌倉観光に出かけるとのことだったので、夜中のうちから出発して朝7時頃までには東京の妹宅に着きたい、というざっくりしたプランで出発。

東京インターを抜けたらちょうど夜明けで、H.E.R.O.を聴きながら眺めた首都の朝焼けはそれはそれはエモかったです。

H.E.R.O.を聴きながら眺めた首都の朝焼けのエモいことエモいこと

カーオーディオの音量が控えめなのは、隣に母が座っているからですね。自分ひとりだったら、もっとグイッと音量を上げて、気持ちのいい景色を眺めながら好きな音楽に浸りたいところです。

ざっくりしたプランの割には、そこそこ想定通りの時間に妹宅に着くことができまして、しばしひと休みさせてもらいました。

H.E.R.O – Superpowers

恵比寿から徒歩で六本木へ

帰りは義弟が最寄り駅まで迎えに来てくれることになったので、母と妹と20時頃に代官山で合流しようという話にまとまって、10時半頃に妹宅を出ました。

H.E.R.O.はまだアルバム一枚しか出していない段階での単独公演であるため、定刻スタートであればいくらなんでも19時半までには終演するだろう、という予想の上での20時合流です。

まあ、そのために、終演後の2ndアルバム予約抽選撮影会への参加は、見送らざるを得なかったわけですが。仕方ないですね。ひとりで行ってそのへんのホテルに泊まるとかなら好き勝手できますけど、妹宅でお世話になる以上、自分勝手は慎まねば。

これもう使わないからと、妹からSuicaカードを貰ったので、iPhoneのおサイフ機能に同期させて人生初のモバイルSuicaしたんですけど、こんなもんで本当に何事もなく改札を突破できるのか、不安しかなかったですね。

妹宅の最寄り駅から同じ電車に乗って、鎌倉に向かう母たちとは恵比寿で別れました。

せっかく恵比寿で降りたので、六本木に行く前に、懐かしの恵比寿リキッドルームを外から眺めてきました。

懐かしとは言っても、随分前にThe Rasmusの来日公演を観に一度行ったっきりで、建物の外観もすっかり記憶になかったです。

ここでThe Rasmusを観たときは、終演後にハードロックカフェに行って、そこでHoobastankの超名バラード”The Reason”のMVを見て、やられました。地元に帰ってから、速攻でCDを買いに走りました。この、単調でありながら力強く予感めいたイントロ、好きすぎる。

Hoobastank – The Reason (Official Music Video)

東京の路地は誘惑がいっぱい

リキッドルームを眺めてひとしきり郷愁に浸ったあと、六本木のハードロックカフェを目指して歩きだしました。

妹に言わせると、なんで電車に乗らずに歩くの?と不思議でしょうがないらしいですが、決して歩けない距離ではないですし、第一ちょうどいい路線がなくないですか?

乗り換えを調べたり乗り場を探して巨大な駅の構内を右往左往するくらいなら、電車には脇目もふらずに歩いたほうが手っ取り早いだろう、というのが私の考えです。

しかし、恵比寿から六本木に歩いている道中、他の飲食店の誘惑が激しかったですね。ラーメンとか、ハンバーガーとか。ぐぅ。喉を鳴らしながらも、「いや自分はハードロックカフェでランチするんだ」と、鉄の意志で誘惑を振り切ったのでした。

最後の難関は、ハードロックカフェの目の前にある天下一品ですね。もし数週間前に食べたばっかりでなかったら、たまに顔を出す無性に天一が食べたくなる発作が発症し、その衝動を抑えるのはさぞかし困難を極めたことでしょう。

Queen率のやけに高かったハードロックカフェで豪遊

ついにたどり着いたハードロックカフェでは、やけにQueenの楽曲が流れる確率が高かったです。つい先日まで、Queen + Adam Lambertの来日公演が行われていた影響ですかね。

好きな曲が間断なく、うるさすぎず物足りすぎない音量で流れているレストランでのおいしい食事は最高でした。おすすめされたクラフトビール東京ホワイトが美味しすぎておかわりした結果、想定の倍くらいの金額をランチに使ってしまいました。いくらなんでも豪遊しすぎた…。

お腹いっぱいでほろ酔いで気分も上々に加え、”Bohemian Rhapsody”の次に”Livin’ On A Prayer”がかかるわ、”Sweet Child O’ Mine”から”Home Sweet Home”につながるわ、お客を帰す気ゼロでしょといいたくなる選曲は神がかってました。

普段は特にそのような欲求はないんですけど、ライブで東京や大阪に行くとなったら、やっぱりハードロックカフェに行きたくなっちゃうんですよねぇ。

Queen – Bohemian Rhapsody (Official Video Remastered)
Bon Jovi – Livin' On A Prayer (Official Music Video)

最後に、六本木の隠れ家カフェでひと休み

酔い醒ましと腹ごなしを兼ねて、ハードロックカフェを出た私は六本木から代官山を目指して歩きはじめました。

H.E.R.O.のライブの開場開演まではまだ時間に余裕があったので、六本木から渋谷の途上にある隠れ家カフェでひと休みするためです。

前回、約二年前のEclipseの東京公演を観に来た際も、同じようにハードロックカフェでランチしたあと、この隠れ家カフェで一服しました。

コーヒーも美味しいですし、日本有数の歓楽街にある喫茶店とは信じがたいほどゆったりとした時間が流れているしで、まったりとひと休みするに最適のカフェなんですけど、難点があるとしたら、全席喫煙可、これだけですね。人の嗜好にあまりケチは付けたくないんですけど、臭いと煙がね、キツイんですよね。

満腹と酔いと居心地の良さのトリプルコンボで、iPhoneに入れておいた漫画を読みながらウトウトと微睡んでしまったんですけど、おかげで席を立つ気力をすっかり削がれてしまいました。

いい加減もう出ないと開演までに会場にたどり着けなくなる恐れが生じて、ようやく重い腰を上げることができました。

結局、H.E.R.O.のライブ会場である代官山SPACE ODDに着いたときには、開場から30分が経過していました。開演30分前。それでもまだ入場待ちの列ができていて、面食らいました。

整理番号からは損をした入場になってしまい、しかもすでに結構な入りで思うような場所取りもできず、完全に自分が悪いんですけど、失敗でしたね。

隠れ家カフェでのんびり微睡んでいる場合ではなかったです…。

H.E.R.O. – Avalanche (Graphic lyric video)
タイトルとURLをコピーしました