映画『フェイブルマンズ』で構図の極意を教わったあとに、焼津の桜並木の写真を撮ってきた結果

映画『フェイブルマンズ』で構図の極意を教わったあとに、焼津の桜並木の写真を撮ってきた結果

映画の都ハリウッドで巨匠と呼ばれる超大物映画監督のひとり、スティーヴン・スピルバーグ。

その彼の自伝的映画作品として『フェイブルマンズ』という映画が先月上旬に公開され観てきたのですが、予告から想像していたよりも陰鬱で暗く重い物語にやや面食らいつつ、巨匠が幼少期から映像撮影に夢中になりのめり込んでいく様子に見入っていました。

その映画の終盤に、映画業界に足を踏み入れた青年期の主人公が当時の大物映画監督から構図の極意を伝授されるシーンがあるのですが、最後にその極意を思い出したかのように慌てて構図を取り直すお茶目なカメラワークが大好きで、ものすごく印象に残っています。

その極意を胸に、毎年のように桜並木の写真を撮りに行っている焼津市に今年も足を運んできたので、その時に撮った写真を載せていきます。

その前日に御殿場市の富士霊園や帰りながら富士市の龍巌渕という県下でも有数の桜スポットに足を運んでいた上に、当日は10時半から歯医者の予約を入れていたので果たして起きれるのか、そもそも時間までに帰って来れるのかという不安はあったのですが、何と3時半に自然起床できてしまったのでこれは行くっきゃないと弾丸キメてきました。

向こうを8時半までに出れば、二時間もあれば時間までにはこっちに帰って来れるでしょう、という読みです。

今回の撮影機材

今回の撮影機材はキヤノンのデジタル一眼レフEOS 8000Dと標準ズームレンズEF-S18-135mm IS STMの組み合わせで、すべてマニュアル撮影です。

マニュアル撮影の利点は、一度設定さえ決めてしまえば、意図せず露出が暴れるミスを減らして安定して撮れるという点にあります。慣れるまでがしんどいんですけど、逆にいえばそれまでの辛抱です。

マニュアル撮影以外のモードで写真を撮っていて、悪くはないんだけど何となくしっくり来なくて悩んでいるのなら、マニュアルモードへの移行をお試しあれ。

焼津市の桜並木で撮ってきた写真

たまには新規開拓したいなという思いもありつつも、今回はあとに予定も詰まっているので計算が立てやすい通い慣れたいつもの安パイを選択しました。

木屋川堤と黒石川です。

結果的にこの選択は正解だったと思います。

歯医者の駐車場に帰り着いたの、予約時間の一分前でしたからね。自宅から出てもこんなちょうどには着けないぞという。計画通りすぎて自分がちょっと怖くなっちゃいました。

焼津の桜並木には優しい陽光が差し込んで、これがまた何ともいえない美しさで最高でした。

東西に伸びている桜並木が多いので、ちょっと立ち位置を変えるだけで、順光逆光半逆光が選びたい放題なのです。

今後も焼津に桜並木を撮りに行く時には、日の出直後狙い一択ですね。神か天使が降臨しているでしょう、これは。

ところで、映画『フェイブルマンズ』から得た構図の極意ですけど、意識して撮れている時もあれば、ついつい忘れて無造作に撮ってしまう時もありました。

精進あるのみですね。

黒石川で撮ってきた写真

木屋川堤で撮ってきた写真

三年ぶりに開催されたエアフェスタ浜松2022でブルーインパルスの写真を撮りまくってきたが、私はひょっとしたらキヤノンEOS 8000Dの真の実力を見くびっていたのかもしれない

三年ぶりに開催されたエアフェスタ浜松2022でブルーインパルスの写真を撮りまくってきたが、私はひょっとしたらキヤノンEOS 8000Dの真の実力を見くびっていたのかもしれない

三年ぶりに開催されたエアフェスタ浜松2022でブルーインパルスの写真を撮りまくってきました。

例年は開催日のチェックを怠ってて気がついたら終わってたとか、開催日をチェックしてても他の用事と重なって泣く泣く見送ったりとか、興味はありつつも何かと縁のないイベントでしたが今年は珍しく気合が入っていて、数ヶ月前から今か今かと楽しみに待ちわびていました。

というのも、5月にようやく公開された映画『トップガン マーヴェリック』を何回も劇場に観に行くほど激ハマりした結果、エアフェスタ浜松の展示飛行の模様を写真に撮りに行きてぇぇぇ、とモチベーションが爆上がりしていたためです。

中でも特に、ブルーインパルスですね。スモークを撒きながら美しいフォーメーション飛行を魅せてくれるので。

当初ひとりで行こうと考えていたので、電車で浜松駅まで行って送迎シャトルバスに乗り込み航空自衛隊浜松基地を目指すつもりだったんですけど、妹にエアフェスタ浜松にブルーインパルスを見に行くと話したら「なら私も一緒に行く」とのことだったので、考え直しました。

自分ひとりだけなら送迎バスの待機列や混み合う基地内での場所取りなどどうとでもなりますが、妹や姪っ子も一緒となると心配ごとも増えてしまいますからね。少しでもリスクを減らすためにも、基地内には行かずに近くの公園から狙うことにしました。

それにしても妹の「私も一緒に行く」は食い気味で早かったな。そんなに飛行機とか好きだったっけ?そんな印象ないけど…と首をひねっていたら思い出しました。そういえば昔一緒にブックオフに行ったときに航空機のDVD買ってたな、と。

そんなに飛行機が好きなのに『トップガン マーヴェリック』を観ていないのがちょっと意味がわかりませんが…。

さて、世の中便利になったもので、インターネットでエアフェスタ浜松の穴場を検索すると、基地内に足を踏み入れなくてもブルーインパルスの飛行が見られる場所がヒットします。

その中からいくつか目星をつけてまずは花川運動公園の駐車場に向かってみたのですが、スポーツの大会開催と重なって大混雑していたので早々に諦めて、次の候補地である佐鳴湖公園の駐車場に向かいました。

こちらも満車だったのですが、一周してくる間に一台出ていったみたいでちょうど空いていたのでそこに滑り込ませました。正午過ぎくらいでそんな感じで、ブルーインパルスが飛ぶ直前には周辺道路の路肩に路駐だらけになっていたので、確実に駐車場に停めたかったら正午前までには駐車場に着いておくのが良さそうです。

今回の撮影機材

今回の撮影機材はいつもと同じ、キヤノンのデジタル一眼レフEOS 8000Dに、レンズは標準ズームのEF-S18-135mm IS STMの組み合わせです。

中にはあえて遠くから遠州灘やアクトタワーを背景に浜松らしいブルーインパルスを撮った人たちもいましたが、自分にはそんな極大射程凄腕スナイパーみたいな撮影はできないので、事前に野鳥で試し撮りして設定をマニュアルで固定しておいて、あとはフレーミングをなんとか頑張ってカメラのオートフォーカス頼みです。

エアフェスタ浜松2022で撮ってきた写真

たぶんF-15の展示飛行で撮った一枚。135mmまででは遠すぎたか、大丈夫かなと不安になりました。超望遠が欲しくなっちゃいましたね。シグマの100-400mmか、キヤノンの70-300mmか。

このときの姪っ子のひと言「F-15があるってことはF-14もあるってこと?」には叔父バカなので天才かと感動しました。F-14がいかにカッコいいか語り倒したかったのですが、ドン引きされた上にうざいと嫌われちゃいそうなのでグッと我慢。

待ちに待ったブルーインパルス。遠い場面も多かったですが真上を通過してくれることもあったので、飛行音に気を配りつつ近づいてきたらひたすら連射してました。

スモークを撒きながらカッコよくバラけてくれるのでとにかく華があります。

何度か近くを飛んでくれたので思った以上にシャッターチャンスがありました。ひたすら連射してたのでいつの間にか500枚以上撮ってて驚きました。それだけ撮ってもバッテリーの目盛りは3分の1減っただけで、デジタル一眼レフのバッテリー持ちの良さは素晴らしい。

ミラーレスだとこうはいかないでしょう。小型軽量がメリットですが、その反面バッテリーも小さく減りが早くなってしまいますからね。もしミラーレスだったら、500枚も撮れずにバッテリーは切れていたでしょう。

設定がうまくいったのか、逆光気味になっても白飛びしすぎず黒つぶれすることもなくいい感じで撮れました。

コークスクリューは正面から撮りたかったという声をTwitter上で見かけて、たしかにと全面同意。斜め後ろからだといい感じに撮るの厳しかったですね…。

その場では上手く撮れてるかどうかとか気にしている暇がなく家に帰ってきてから戦果を確認したのですが、想像以上によく撮れていて目を見張りました。超高速でかっ飛びながらアクロバット機動をキメまくる航空機を、ほとんどミスフォーカスなく捉えていてくれたので。

お前やるやん!と。愛機EOS 8000Dを見直しました。

自分ではその性能に納得して使用していたつもりでしたけど、心のどこかで見くびっていたのかもしれません。

反省ですね。自分で勝手に限界を低く見積もっていました。

おまけ

絶妙の前傾姿勢がまるで本当に生きているかのような存在感を醸し出す道端の番人。その視線の先にあったのは野菜の無人販売所。夜中にこれがライトに浮かび上がったらビビり倒すと思う。

早朝の浜松城公園でスターバックスの写真を撮りまくってきた

早朝の浜松城公園でスターバックスの写真を撮りまくってきた

せっかくの休日、何も予定がないなら家でのんびり寝ていればいいのに、無駄に早く目が覚めてしまう。そんなことってありません?

私はよくあります。二十年近く前は特にひどかったです。三代目の愛車を買ったばっかりの頃。5時頃に起きてしまって、伊良湖岬までドライブして帰ってきたらちょうど起きてきた両親と一緒に朝食を食べる、そんなことはしょっちゅうでした。

夏じゃなくてもうちょい涼しければ、アウトドアコーヒーセットを持っていって朝の海を眺めながらコーヒーを飲んで帰ってくる、なんてのもいいかもしれません。

しかしいかんせん今は真夏。7月になったばかりなのに連日の猛暑日という地獄のような暑さの日々です。

ただ、今日はそんな日々の中にあって曇り空で比較的涼しく感じたので、前々から写真を取りに行こうと考えていた浜松市の公園にカメラ片手に出かけてきました。

目指すは浜松城公園。数ヶ月前にスターバックス店舗の外観が美しいと話題になった公園です。浜松のローカルコーヒーフェスの際に一度訪れたきりなので説得力皆無ですが、自分も白馬や神戸ともタメを張れる素敵な店舗だなと思っていました。

今回の撮影機材

今回のカメラはキヤノンのデジタル一眼レフEOS 8000D、レンズはキットレンズの標準ズームEF-S 18-135mm IS STM。この組み合わせでのマニュアル撮影です。キヤノンは今後ミラーレスしか作らなそうなのでこのカメラともあと数年の付き合いかな、と別れを予感し始めています。

浜松城公園で撮ってきた写真

浜松城公園の駐車場は8時開門。自分が着いたのはまだ8時前だったので隣の浜松市役所の駐車場に車を停めて歩いていきます。

浜松城公園の石垣にはハートの形をした葉っぱが沢山生い茂っていました。こんなの初めて見た気がします。気がついていなかっただけでしょうけれど。

小高い丘を切り崩さずに木材でゲタを組んで高床式に。この工法も、公園に溶け込み一体化しているかのようなスターバックス浜松城公園店の景観の素晴らしさにひと役買っているのでしょうか。

正面からの景観は圧巻です。大きなガラス面に前方の公園の風景が反射してさらに裏手の公園の様子まで透けて見えているので、まるでプレデターの擬態のようです。目がバグりそう。

裏手がまたワイルドかつ素敵というセンス抜群の佇まい。

緑に囲まれ木漏れ日が降り注ぐテラス席。図々しくもハンモックスタンドを持ち込んで昼寝していいですかと聞いてみたくなっちゃいます。

浜松城公園に住み着いているリスが遊びに来ることもあるらしいテラス席。ミスりましたね。梅雨入り前くらいの、新緑がもっと美しい時期に来るべきでした…。

ほぼ全面ガラス張りで開放感半端ない外観。今朝は雨が降り出してもおかしくないくらいの曇り空だったのでガラスの向こうの風景がくすんでいますが、快晴であったなら青空に朝陽が差し込んで超キレイだったのではないかと想像しています。

落ち着いていて主張控えめながらも美しく開放的な正面入口。

斜めから眺めたときの存在感がまた格別。素晴らしい。

秋になって紅葉したら、早朝とか夕暮れの時間帯にはこの世の楽園のような美しさに包まれるのではないかと予想されます。

11月の終わりか、12月の頭か。また無駄に早起きしてしまったら、その模様を写真に収めに来たくなりました。

写真撮影散歩の後は、すぐ近くの喫茶店珈琲屋らんぷに移動してモーニングを頂きました。こちらは開店が早くて造りや調度品もおしゃれで席数が多くてゆったりのんびりできる上に接客も心地よく、安くて美味くて皮むきが苦手なゆで卵が付いてこないという個人的に完璧な喫茶店です。

また日曜日が雨予報だったので、土曜日の眼科の予約時間前に朝活をねじ込んだ

また日曜日が雨予報だったので、土曜日の眼科の予約時間前に朝活をねじ込んだ

毎年毎年、冬がすぎて春になり、暖かくなって梅や菜の花や桜が咲き始めると、狙いすましたかのように週末に限って雨が降ってお花見日和を邪魔されることが多いような気がするんですけど、気のせいですかね?

雷様って意地悪ですよねぇ。

3月に入って、順調すぎるほどずんずんと気温が上がり、各地の桜が一斉に見頃を迎える週末に、二週連続で日曜日雨予報。そんなバカなと嘆いてばかりもいられないので、土曜日に朝活をねじ込みました。

その日は11時から眼科の定期検診の予約が入っていたのですが、まあ、11時までにだったら、なんとか帰ってこれるでしょう。遠出さえしなければ。10時だったら諦めていたかもしれませんが。

そういった次第で、狙いをこの前の週まだほとんど蕾だった焼津市の栃山川に定め、更に余裕がありそうだったら帰りついでに島田市で蓬莱橋を渡ってこよう、というぼんやりした計画を立て、5時半起床で実行に移しました。

焼津市 栃山川沿い

まず目指したのは、焼津市の栃山川沿いの桜並木です。二週連続、焼津市でお花見。先にも書きましたが、この前の週はまだ蕾だったので、ちょうど満開で見頃を迎えているに違いない、と考えて突撃しました。

焼津さくらマップによると、栃山川緑地公園から長峰製茶長峰花カフェまでの栃山川沿いが桜の名所とされていましたので、公園の駐車場に愛車を停めさせてもらって、徒歩で往復しました。

この前の週、浜松での朝活で、桜には弱オーバー気味がハマるなと気がついたので、普段弱アンダー気味で撮るのが好きなんですけどその傾向をグッとこらえて、オーバー気味を心がけました。

早朝の穏やかな陽光と相まって、桜の美しさを優しく捉えられたのではないかと満足しています。

桜並木が美しい川沿いの遊歩道では、地元の方が散歩したりランニングしていたりと、憩いのひとときを思い思いに過ごされていました。

空気が澄んでいると富士山の眺望にも恵まれているようなのですが、残念ながらこの日は見えず。富士山って恥ずかしがり屋さんなのか、雲がかかっていたり霞がかっていたりで、意外と見えないことが多いんですよねぇ。

散策中にちょうどいいところにかっこいいシビックハッチバックが停まっているのに気がついたので、自分の愛車のカタログ写真の撮影かのような気合で激写してしまいました。

シビックハッチバックかっこいいですよねぇ。ワイド&ローなスタイルが最高です。4WD設定さえあればと惜しまれます。

それにしても、こちらのお宅最高ですよねぇ。自宅から1mmも車を動かす必要なく、愛車と桜の写真を撮りたい放題ですよ。

島田市 蓬莱橋

栃山川沿いの散策を終えて愛車に戻ると、まだちょっと寄り道できそうな時間があったので、当初の予定通り、帰りしなすぐ隣の島田市の蓬莱橋に寄っていくことにしました。

恥ずかしながら、私は『ゆるキャン△』11巻に「吊橋とは違うけどここも風情があっていい橋だ」と評されて登場したことで、その存在を知りました。

そのため、私はこの橋を過小評価していました。ちょっと長い木造の橋、といったふうに。まさかギネス認定の世界最長の木造歩道橋だったとは。

大井川沿いの車道を走っていくと、遠目にその存在に気が付き、近ずくにつれて徐々にその存在感がクローズアップされていくのですが、(お、あれか?え?長くね?うおぉぉぉ、やっべえぇぇぇ!)といった具合に度肝を抜かれます。

想像していた10倍くらいのインパクトがありましたね。

通行料の100円を支払って徒歩で往復すると、その長さがまた身に沁みます。渡河中に腹痛に襲われたら絶望に目を閉じて天を仰ぐレベルの長さです。車で橋を渡ったら一瞬ですけど、徒歩で渡ると大井川とはこんなにも雄大だったのかと感動しました。

往復約3000歩ですよ。折り返し始めたところで(やべぇな、こんなに長いとは思わなかった。眼科の予約時間に間に合わないかも…)と青くなりましたが、開き直ることにしました。どうせ、いつも予約時間前に受付したところで、予約時間丁度に定期検診が始まったことなんて、一度もないですからね。ちょっとくらい遅れたってセーフ。誤差の範囲内でしょう。

島田市も素晴らしい街でした。立派な桜並木はたくさん見かけましたし、大井川沿いには公園や球技場や遊歩道にサイクリングロードが美しく整備されていて、快晴に心地よい春風がめちゃくちゃ清々しく感じられる町並みでした。岐阜市の長良川沿いを思い出しましたね。

眼科の予約さえなかったら、愛車に積みっぱなしの折りたたみ自転車でポタリングしてきたものを。ぐぬぬ。

あと、蓬莱橋って、京都嵐山の渡月橋に雰囲気似てますよね。対岸の山への光の当たり方とか、真横から眺めた橋の威容とか。

この前の週であれば桜もちょうど満開であったでしょうに、すっかり忘れててさっさと帰ってしまったことが悔やまれます。来年は、焼津市だけでなく島田市の桜も愛でに訪れたいですね。

ちなみに、眼科には11時15分頃に受付しました。ま、15分程度であれば、ギリギリ誤差の範疇でしょう。計算通り(ふぅ、胃が痛くなったわ)。

今回の撮影機材

今回の撮影は、カメラはキヤノンのデジタル一眼レフEOS 8000D、レンズは純正標準ズームのEF-S18-135mm IS STM、この組み合わせでのマニュアル撮影です。今回も望遠端大活躍。たくさん135mmで撮りました。

雨予報の日曜の朝が曇りだったので、浜松で朝活してきた

雨予報の日曜の朝が曇りだったので、浜松で朝活してきた

天気予報では、日曜日は春の嵐という予報だったので、一日ふて寝して過ごすつもりだったんですよ。それが、夜明け直後に起きちゃったら、まだ曇ってるじゃないですか。しかも、今にも雨が降り出しそうな空の色じゃなくて、雲も高いですし陽光も透けてましたし、まだしばらく持つんじゃないかと期待できる曇り空。

じっとしていられなくなった私は、カメラを持って家を飛び出し、愛車に乗り込みました。雨が降ってくる前に朝活して、桜の写真を撮りまくる!

まず目指したのは磐田の医王寺。何年か前に三代目の写真を撮ったときと同じ構図で、四代目の写真も撮っておきたくて。三代目を撮ったときは午後だったので、順光で明るくて最高だったのですが、四代目は早朝だったので、逆光でしかも曇りで明るさが足りず。無念。

次に浜松で数年前から目をつけていた桜並木を撮る前に、竜洋でまるで人気のない名もなき桜並木を見かけたので、立ち寄って愛車の写真を撮りまくり。

ここはめちゃくちゃ静かで素晴らしかったですね。堪能しました。

釣り人や早朝散歩者がちらほら。カメラ構えてる人は自分だけでした。こういうとき、デジタル一眼レフは大げさに見えちゃって恥ずかしくなっちゃうんですよね。仲間がいればまだしも、ひとりだと余計に。

気を取り直して、浜松の船越公園に向かいました。この公園の横の川沿いに、立派な桜並木があるのですよ。

散り始めでしたが、狙い通りの圧巻の桜並木でした。時間が早かったこともあってか、人通りもまばらで好きな構図を狙いたい放題で撮影できました。

桜の時期って、京都や奈良などの名所を目指すことが多かったので、地元とか近場は後回しにしてきちゃってたんですよね。例のアレにより遠征予定がなかったので、今年は地元の桜を回ることができました。

あと佐鳴湖の桜のトンネルや、浜松一の桜の名所浜松城公園も行ってみたかったのですが、10時を回って人も車も増えてくる時間になってしまったため、潔く撤収しました。

焼津でお花見したときもそうだったんですけど、この日も標準ズームレンズの望遠端ばっかり使って写真を撮ってまして、ひょっとして私に最適の単焦点レンズは30mmではなくて135mmだったのかもしれない、という気づきを得ました。

望遠端の圧縮効果はやっぱり強力なんですよね。ギュッと詰まった感じを簡単に撮れて。

問題はお値段なんですけどね。キヤノンもシグマも、135mmの単焦点レンズは新品で10万円オーバー。おいそれとは手が出ない。

今回の朝活で撮ってきた写真

今回の撮影機材

今回の撮影は、カメラはキヤノンのデジタル一眼レフEOS 8000D、レンズはキットレンズの標準ズームEF-S18-135mm IS STMの組み合わせでのマニュアル撮影です。

この後継機のEOS 9000DとEF-S18-135mm IS USMキットが今7.3万円ほどになっていて、あまりのバーゲンプライスにビビりますよね。今流行りのミラーレス機と比べるとデカくて重くて売りが弱いとはいえ、光学式ファインダーのおかげでバッテリーの持ちも抜群ですよ。